メニューの終端です。
イベント

オーチャードコンサート2017 室内楽

平成29年度県民協働企画事業

[滋賀県立文化産業交流会館 小劇場]

12月16日(土) 14時開演(13時30分開場)

びわ湖ミュージックハーベスト室内楽講師及び元受講生によるコンサート
前売券購入者に限り前日リハーサル見学可能(13時~18時予定)

プログラム

ヴォルフ イタリア風セレナーデ

出演

  • 北條エレナ(ヴァイオリン)
  • 大藪英子(ヴァイオリン)
  • 三上さくら(ヴィオラ)
  • 櫃本瑠音(チェロ)

メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲 ハ短調 作品66

出演

  • 岩崎弓乃(ヴァイオリン)
  • 小林世佳(チェロ)
  • 野田清隆(ピアノ)

ブラームス 弦楽六重奏曲 第2番 ト長調 作品36

出演

  • 玉井菜採(ヴァイオリン)
  • 堀内星良(ヴァイオリン)
  • 安藤裕子(ヴィオラ)
  • 今岡秀輝(ヴィオラ)
  • 河野文昭(チェロ)
  • 小林世佳(チェロ)

出演者プロフィール

玉井菜採(ヴァイオリン)

桐朋学園大学在学中に、プラハの春国際コンクールで優勝。
卒業後、アムステルダム・スヴェーリンク音楽院、ミュンヘン音楽大学にて研鑽を積む。
この間、J・Sバッハ国際コンクール最高位をはじめ、数々のコンクールに優勝、入賞している。
平成9年度滋賀県文化奨励賞、平成12年度平和堂財団新進芸術家助成、平成14年度文化庁芸術祭賞音楽部門新人賞、平成20年度京都府文化賞奨励賞受賞。
ソロ、室内楽の分野で、活発な演奏活動を展開している。
紀尾井ホール室内管弦楽団、東京クライスアンサンブルメンバー。
アンサンブルofトウキョウのソロヴァイオリニスト。

安藤裕子(ヴィオラ)

東京藝術大学修士課程修了。第3回日本室内楽コンクール第1位。第52回ジュネーブ国際コンクールヴィオラ部門セミファイナリスト。ヴィットリオ・グイ国際室内楽コンクールデュオ部門最高位。元東京シティフィル首席奏者。
東京藝術大学、洗足学園、聖徳大学非常勤講師。紀尾井ホール室内管弦楽団。ヴィオラを菅沼準ニ氏に師事。

河野文昭(チェロ)

京都市立芸術大学卒業。1982年に文化庁在外派遣研究員としてロスアンジェルスで、その後ウィーン国立音楽大学にて研鑚を重ねる。
1984年帰国後、独奏者として各地でリサイタル、オーケストラとの共演を重ねる。アンサンブルofトウキョウ、紀尾井ホール室内管弦楽団、静岡音楽館(AOI)レジデントカルテット、岡山潔弦楽四重奏団などのメンバー。
1993年~2003年ゆふいん音楽祭音楽監督の他、各地の音楽祭、講習会の講師として参加。
1981年第50回日本音楽コンクールチェロ部門第1位、1990年京都音楽賞、1992年大阪府文化祭賞、2004年京都府文化賞功労賞等を受賞。現在、東京藝術大学教授。

野田清隆(ピアノ)

東京藝術大学大学院博士後期課程修了。ブラームスと20世紀作品を組み合わせた一連のリサイタルにより博士号を取得。
1995年第64回日本音楽コンクール第1位。1998年クロイツァー賞。ソリストとして尾高忠明、広上淳一、下野竜也といった指揮者からの指名を受け、各地のオーケストラと共演を重ねるかたわら室内楽奏者としても内外の名手と共演、加えて現代音楽の領域でも活動している。
藝大ピアノ科および室内楽科講師を経て、現在は東京学芸大学准教授、ならびに東京音楽大学指揮科特別アドヴァイザー。東京クライス・アンサンブル、トリオ・エドアルテのメンバー。

岩崎弓乃(ヴァイオリン)

大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第1位、併せて大阪府知事賞受賞。
平成28年度滋賀県芸術文化祭奨励賞。ko-Trioとして、ラ・フォル・ジュルネびわ湖キオスク公演、スタインウェイ関西ガラ・コンサート等に出演。
これまでに、樋口育世、若林暢、玉井菜採各氏に師事。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、現在東京藝術大学音楽学部2年に在学。

大藪英子(ヴァイオリン)

京都市立京都堀川音楽高校を経て、京都市立芸術大学卒業。第16回子供のためのバイオリンコンクール金賞及び奨励賞。
第14回日本クラシック音楽コンクール全国大会最高位(2位)。第6回大阪国際音楽コンクール中学校の部第2位、第12回同コンクールコンチェルトオーディション第3位。第64回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部第3位。第23回京都芸術祭奨励賞、第25 回京都芸術祭毎日新聞社賞受賞。
これまでに浅岡幸男、田渕洋子、岸邉百百雄、戸田弥生、豊嶋泰嗣の各氏に師事。

北條エレナ(ヴァイオリン)

幼少時より日本イタリア両国においてコンサート出演。
全国オーディション選抜の佐渡裕率いるスーパーキッズオーケストラの第一バイオリン奏者を務める。
京都堀川音楽高校ではコンサートミストレスを務めヴァイオリン専攻首席卒業。
ロータリークラブ青少年コンクール第1位及びガバナー賞。第20回KOBE国際音楽コンクールC部門奨励賞。スペインGROBA 国際バイオリンコンクールセミファイナリスト。京都市立芸術大学ヴァイオリン専攻首席卒業。
室内楽やオーケストラ、ソロで活動中。

堀内星良(ヴァイオリン)

3歳よりヴァイオリンを始める。第18回さくらぴあ新人コンクール第1位さくらぴあ大賞をはじめ、国内のコンクールで多数上位入賞。2015年滋賀県芸術文化祭奨励賞、平成28年度平和堂財団音楽部門芸術奨励賞受賞。
また、学内で安宅賞を受賞し、広上淳一指揮、芸フィルと共演。びわこミュージックハーヴェスト、石川、宮崎、京都フランセ等、
国内外で多数のマスタークラスを受講。
2013.2015 ラ・フォル・ジュルネびわ湖に参加、2016 ザ・ファーストリサイタルをびわ湖ホールで開催。
これまでにヴァイオリンを中谷真美、池川章子、ジェラール・プーレ各氏、現在、玉井菜採、ソンシク・ヤン各氏に師事。
滋賀県立石山高等学校音楽科を経て東京藝術大学音楽学部四年生。

今岡秀輝(ヴィオラ)

5歳よりヴァイオリンを始める。第65回全日本学生音楽コンクール高校の部大阪大会3位、第18回日本演奏家コンクール全国3位、関西弦楽コンクール審査員特別賞受賞。
2014年、京都コンサートホールで、メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲ホ短調」を、オーケストラと共演。同年、いしかわミュージックアカデミー、「ライジングスターコンサート」出演。
びわこミュージックハーベスト受講生。これまでに、李陽、木村和代、現在玉井菜採、堀正文に師事。
現在、東京藝術大学音楽学部4回生。

三上さくら(ヴィオラ)

4歳よりバイオリンをはじめる。2014年3月まで、佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに在籍。これまでに、関西電力主催ふれあいコンサート、びわ湖 ミュージックハーベストなどに出演。
第16回関西弦楽コンクールにて優秀賞および審査員賞受賞受賞者コンサートに出演。第68回全日本学生音楽コンクール大阪大会入選。クオリア音楽フェスティバル、第5回オーディション第1位。
山川玲子、三瀬由起子、久合田緑、玉井菜採各氏に師事。現在四方恭子氏に師事。京都市立芸術大学弦楽専攻 3回生。

小林世佳(チェロ)

福島県出身。第7回バッハホール音楽コンクールチェロ部門奨励賞。第9回泉の森ジュニアチェロコンクール中学生部門奨励賞。第14回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上部門銀賞。
2014年ミュージックハーベストに参加し、琵琶湖アートフェスティバルに出演。
東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を卒業。現在東京芸術大学音楽学部在学中。
これまでにチェロを井上弘之、川上徹、山崎伸子、中木健二、向山佳絵子の各氏に師事。室内楽を澤和樹、玉井菜採、市坪俊彦、河野文昭、入江一雄の各氏に師事。

櫃本 瑠音(チェロ)

中学3年より佐渡裕とスーパーキッズオーケストラに参加、首席チェロを努める。
第11回泉の森ジュニアチェロコンクール高校生以上の部優勝。第65回全日本学生音楽コンクール 高校生部門3位。第66回全日本学生音楽コンクール大学生部門優勝。
2011年釜石市、2012年ノートルダム寺院での被災者鎮魂コンサートでバッハの無伴奏チェロ組曲を演奏。2013年9月JT期待の音大生によるアフタヌーンコンサートに出演。2014年8月佐渡裕、シエナウインドオーケストラと河口湖音楽祭、題名のない音楽会に出演。
チェロを山岸孝教氏、雨田一孝氏、上村昇氏に師事。京都市立芸術大学 首席卒業。

チケット情報: 9月16日(土)10時発売開始

料金: 一般 1,500円、25歳以下 1,000円

チケット取り扱い: 滋賀県立文化産業交流会館、びわ湖ホールチケットセンター、ローソンチケット(Lコード 51435)

オンラインでチケット購入

座席: 全席自由

入場制限: 就学前のお子様の入場はご遠慮ください。

主催: 滋賀県立文化産業交流会館

後援: 滋賀県教育委員会、株式会社しがぎん経済文化センター

制作

びわこミュージックハーベスト卒業生

お問い合せ先

文化産業交流会館 TEL 0749-52-5111 / FAX 0749-52-5119

インターネットからのお問い合せ

ページの先頭へ