メニューの終端です。
募集情報

滋賀県立文化産業交流会館のアウトリーチ事業「アートのじかん」関連企画

カリンバワークショップ参加者募集

劇場・音楽堂等機能強化推進事業

 

[滋賀県立文化産業交流会館]

8月1日から8月5日(日)

「親指ピアノ」と言われるアフリカの楽器「カリンバ」のワークショップ。楽器演奏ワークショップの仕上げは、舞台でのミニ発表会!
発表会では、オリジナル作品「小さなお魚のそれから(作・有門正太郎)」に、メロディーを奏でます。
カリンバの優しくキラキラした音色で、海の世界を表現しましょう!みんなも物語の主人公!楽しい時間をすごしましょう。

スケジュール

ワークショップ  8月1日(水)・2日(木)・3日(金) 14:00~16:00
舞台稽古  8月4日(土) 13:00~17:00
発表会  8月5日(日) 13:00~17:00

  • アフリカの楽器「カリンバ」を演奏します。お使いいただく楽器には、初めての人にもメロディを奏でやすいよう鍵盤に色がついています。
  • お話の進行もつとめます。ワークショップの期間中に、役割を決めます。
  • 最終日の発表会で、みなさんの成果を披露します。保護者のみなさん、お友達など、お客さんをご招待ください!

対象

小学1年生から6年生

定員

10名

参加料

無料 ※演奏用カリンバが主催者が準備します。

準備するもの

発表会の衣装

  • 上衣/青系のもの
  • 下衣/ズボンでもスカートでもOKです。

ワークショップには、動きやすく、体温調節がしやすい服装で参加してください。
水分補給ができる飲み物、タオルなどを各自でご用意ください。

参加にあたっての条件

  1. 全日程に参加できること
  2. 本事業にかかわる広報等の活動にご協力いただけること
      ※主催者、主催者が認めた報道・記録・広報を目的とした取材・撮影。

その他

  • 保護者の方の見学は可能です。
  • 子どもがワークショップに集中できる環境作りにご協力ください。
  • 会場内で撮影等される場合は、時間帯や場所などのルールをお守りください。
  • 幼児連れの見学、私語などには十分ご注意ください。

講師

ワークショップ(カリンバ)指導

  • 宮本妥子 マリンバ/打楽器奏者
    地域創造アーティスト。滋賀県立石山高校、相愛大学音楽学部・同大学院非常勤講師、同志社女子大学嘱託講師。
  • 後藤ゆり子 マリンバ/打楽器奏者
    同志社女子大学卒業。現在、大阪府立夕陽丘高校、相愛高校非常勤講師。

「小さなお魚のそれから」作

  • 有門正太郎 作家・演出家・俳優
    1975年生、倉本聰主宰「富良野塾」を経て05年「有門正太郎プレゼンツ」を始動。作・演出も務める。

申込方法

  1. 申込書に必要事項をご記入の上、郵送、FAXまたは会館へご持参ください。
    >> 参加申込書.pdf (1.4MB)
  2. 参加申込フォームからお申し込みいただけます。

※ドメイン指定受信をされている方は、「@biwako-arts.or.jp」からのメールを受け取れるように設定をお願いいたします。

申込締切

6月24日(日) ※申込者多数の場合は抽選します。

参加決定

7月7日(土)までにご本人宛にお知らせします。

主催: 滋賀県立文化産業交流会館

共催: 滋賀県教育委員会

助成: 文化庁

企画・制作

滋賀県立文化産業交流会館

お問い合せ先

文化産業交流会館 TEL 0749-52-5111 / FAX 0749-52-5119

インターネットからのお問い合せ

ページの先頭へ