メニューの終端です。
イベント

大阪コンサートブラス The 10 Piece~英国式金管アンサンブルの響き~

2019年度県民協働企画事業

[滋賀県立文化産業交流会館 小劇場]

9月14日(土) 18時開演(17時30分開場)

関西で活動する英国式金管バンド「大阪コンサートブラス」のテンピース編成によるコンサート。
中学・高校生の吹奏楽部や一般の方々を対象にした講習会や合同演奏も行います。

プログラム

  • ジュビローソ/フィリップ・スパーク
  • ディベルティメント/フィリップ・スパーク
  • ブリランテ/ピーター・グレイアム
    ユーフォニアムソロ 川北 朋
  • 高貴なる葡萄酒を讃えて/ゴフ・リチャーズ
  • クリニック受講生との合同演奏 ほか

出演

大阪コンサートブラス The 10 Piece

「大阪コンサートブラス」は、2008年1月、関西を中心に活動する若手プロフェッショナル奏者により英国式金管バンドとして結成された。
「The 10Piece」は、そのメンバーで構成された金管10重奏団で、
英国の伝統的な演奏スタイルであるテンピース形式を取り入れ、活動を展開している。
コルネット、フリューゲルホーン、テナーホーン、バリトンホーン、トロンボーン、ユーフォニアム、ベースといった英国式金管バンドで演奏される楽器に2名の打楽器奏者を加えたテンピースの編成は、
日本ではまだ非常に珍しく、この音楽の魅力を追及している。

プロフィール

  • 黒岩 洋輔(ソプラノコルネット)
  • 岡山学芸館高校出身。大阪芸術大学芸術学部演奏学科管弦打コース卒業。卒業時演奏学科長賞を受賞。同大学卒業制作展、卒業演奏会、関西新人演奏会、YAMAHA新人演奏会、岡山県新人演奏会等、数多くの新人演奏会に出演。在学中同大学管弦楽団とJ・フンメル作曲トランペット協奏曲、J・ネルーダ作曲トランペット協奏曲トランペット協奏曲を共演。2005年関西フィルハーモニー管弦楽団とJ・ハイドン作曲トランペット協奏曲を共演。好評を博す。C・グロート、R・スメドヴィック、G・エダー各氏のマスタークラスを受講。これまでに池田俊、横田健徳の各氏に師事。

  • 肥後 徹士(コルネット)
  • 大阪音楽大学、同専攻科修了。第18回KOBE国際音楽コンクール金管楽器C部門で最優秀賞、及び神戸市長賞を授賞。第4回関西トランペット協会新人演奏会に出演。第7回関西トランペット協会コンクール課題曲部門第1位。同コンクールオケスタ課題部門第2位(1位なし)受賞。
    これまでにトランペットを古川洋一、河村直樹、吉田治人、飯塚一郎、橋爪伴之の各氏に師事。現在、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団トランペット奏者(2019年度コアメンバー)として、関西を中心に活動。大阪コンサートブラスの他、ウィンドアンサンブル奏のメンバー。関西トランペット協会理事(広報担当)、大阪コンサートブラスのTwitter係として日々呟いている。

  • 片山 晃(コルネット)
  • 大阪芸術大学演奏学科管弦打コース卒業。同大学卒業演奏会に出演。第3回関西トランペット協会新人演奏会、第28回YAMAHA新人演奏会、第40回和歌山新人演奏会に出演。トランペットを森下治郎氏に師事。

  • 講崎 里穂(フリューゲルホーン)
  • 京都府宇治市出身。京都橘高等学校、大阪音楽大学音楽学部音楽学科管楽器専攻卒業。第6回関西トランペット協会コンクール課題曲部門入選。第7回関西トランペット協会新人演奏会出演。トランペットを稲垣路子、西馬健史の両氏に師事。室内楽を池田重一氏に師事。ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団コアメンバー。島村楽器トランペット講師。

  • 新山 知代(テナーホーン)
  • ESA音楽学院総合学科卒業。レックス・マーティン氏の公開レッスンを受講。トランペットを臼田徹、徳田知希、橋爪伴之の各氏に師事。

  • 志津 妙子(バリトンホーン)
  • 愛知県立芸術大学音楽学部器楽科卒業。京都音楽家クラブ主催新人演奏会、Neo Euph2010等に出演。2012年に初のソロリサイタルを開催。ユーフォニアムを露木薫、三宅孝典の各氏に師事。室内楽を安元弘行、露木薫の各氏に師事。現在、大阪コンサートブラス、Bistro Euphonia Nara、Euphonista!の各メンバー、長内音楽教室講師。

  • 岸部 雅史(トロンボーン)
  • 大阪芸術大学演奏学科卒業。同大学院前期修士課程修了。卒業時に学科長賞受賞。第51回関西新人演奏会、第26回YAMAHA管打楽器新人演奏会等出演。第47回なにわ藝術祭新人奨励賞、第24回京都芸術祭新人賞受賞。2006年大阪芸術大学管弦楽団とF.ダヴィッドの協奏曲を、2009年にはL.グレンダールの協奏曲を共演。2005年関西トロンボーン協会主催ワークショップコンクール・ヤングアーティスト部門第3位、2006年同コンクール・成人部門入選。
    宝塚歌劇バウ公演等、スタジオレコーディング参加。各地にて吹奏楽トレーナーとしても活動し、審査員等もつとめる。これまでにG.ミリエールのプライベートレッスンを、箱山芳樹、山本浩一郎、J.モージェ各氏のマスタークラスを受講。トロンボーンを湯浅篤史、伊藤清、呉信一、室内楽を西田和久、森下治朗各氏に師事。

  • 織田 貴浩(バストロンボーン)
  • 京都市立芸術大学卒業。ドイツ国立ケルン音楽大学卒業。2002年から2009年まで大阪センチュリー交響楽団(現日本センチュリー交響楽団)常任客演奏者。バストロンボーンを呉 信一、M・ユングハンス各氏に師事。大阪音楽大学カレッジオペラハウス管弦楽団アソシエイトプレーヤー、奈良県立高円高校音楽科非常勤講師。

  • 川北 朋(ユーフォニアム)
  • 相愛大学音楽学部を卒業。ウェールズ王立音楽演劇大学ポストグラデュエート科を修了、デュプロマを取得。第7回KOBE国際学生音楽コンクール入賞。公益財団法人滋賀県文化振興事業団より、ザ・ファーストリサイタル賞を受賞。同財団主催によるリサイタルシリーズに出演。第16回万里の長城杯国際音楽コンクールにおいて第一位、及び中国駐大阪総領事賞を受賞。ユーフォニアムを三宅孝典、木村寛仁、ロバート・チャイルズ、ディビッド・チャイルズの各氏に師事。
    大阪コンサートブラス代表、茨木市音楽芸術協会正会員、OTOYA Entertainment登録アーティスト、北近江リゾート演奏員、茨木市立太田中学校吹奏楽部、大阪府立寝屋川高等学校吹奏楽部および智辯学園奈良カレッジ吹奏楽部バンドトレーナー、JEUGIAミュージックサロン三条およびJEUGIAフォーラム御池ユーフォニアム科講師。

  • 柴田 智(ベース)
  • 兵庫県尼崎市出身。私立洛南高校を経てESA音楽学院・フランス国立リヨン地方音楽院卒業。在学中より金管アンサンブル・オーケストラのエキストラとして活躍する。特に2007年行われたビエンナーレ・リヨンにて招待されたJ.アローラ、G.ガルザリザによるClamor2006での演奏にて好評を博す。2016年・尼崎ピッコロシアター小ホールにてテューバリサイタルを開催。テューバを潮見裕章、ダニエル・シャンバールの各氏に師事。

  • 辻 翔太郎(パーカッション)
  • 奈良市立一条高等学校外国語科を経て大阪芸術大学芸術学部を演奏学科長賞を受賞し卒業。関西新人演奏会(大阪・いずみホール)、日本打楽器新人演奏会(東京・オリンピック記念センターホール)に推薦を受けマリンバ独奏で出演。
    以降、ドラマー、パーカショニスト、マリンバ奏者として、ミュージカル、オーケストラ、吹奏楽、打楽器アンサンブル、歌謡曲の番組放送、教育機関での芸術鑑賞演奏など様々なシーンで演奏活動を展開中。

  • 吉田 周平(パーカッション)
    • 相愛大学音楽学部音楽学科打楽器専攻卒業。同大学音楽専攻科修了。同大学卒業演奏会、修了演奏会に出演。関西打楽器協会主催新人演奏会に出演。第21回日本クラシック音楽コンクール全国大会大学男子の部最高位。第16回イタリア国際打楽器コンクールティンパニ部門第3位。2015年度小沢征爾音楽塾メンバーとして第1回セイジ・オザワ松本フェスティバルに参加。元コンセルトヘボウ管ティンパニ奏者、マリナス・コムスト氏ならびに、フライブルク音楽大学教授、ベルンハルト・ヴルフ氏のマスタークラスを受講。
      2018年から、Sony Musicが展開する「STAND UP!Orchestra」メンバー。
      現在、フリーランス打楽器奏者として活動中。主に関西一円のオーケストラの客演奏者として活動を展開している。

      関連企画

      クリニック

      コンサート同日、同会場にて大阪コンサートブラスメンバーによるパート別講習会を開催いたします。

      対象 金管楽器、打楽器経験者(年齢、経験年数不問)

チケット情報: 6月15(土)10時チケット発売開始

料金: 一般 3,000円、25歳未満 1,500円 ※当日各500円増(残席ある場合のみ)

チケット取り扱い: 滋賀県立文化産業交流会館、びわ湖ホールチケットセンター(窓口 現金のみ)、長浜文化芸術会館、ひこね市文化プラザ、ルッチプラザ、ローソンチケット(Lコード 54591)

オンラインでチケット購入

座席: 全席自由

入場制限: 未就学児入場不可

主催: 滋賀県立文化産業交流会館、大阪コンサートブラス

後援: 滋賀県教育委員会、滋賀県吹奏楽連盟、中部日本吹奏楽連盟滋賀県支部

お問い合せ先

文化産業交流会館 TEL 0749-52-5111 / FAX 0749-52-5119

インターネットからのお問い合せ

ページの先頭へ