メニューの終端です。
イベント

文化庁 大規模かつ質の高い文化芸術活動を核としたアートキャラバン事業

「JAPAN LIVE YELL project」海援隊 トーク&ライブ BIWAKOツアー2021 ― 地域とともに・・・贈る言葉 ― | 滋賀県立文化産業交流会館

文化庁大規模かつ質の高い文化芸術活動を核としたアートキャラバン事業「JAPAN LIVE YELL project」

[長浜文化芸術会館 11月20日(土)/あいこうか市民ホール 11月21日(日)/みずほ文化センター 11月23日(火・祝)]

各日 14時30分開演(14時開場)

チケットは全公演完売いたしました。

 

ヒット曲「贈る言葉」で知られる武田鉄矢率いる海援隊が、自身のトークとライブに加え地域の合唱団らとともに贈るスペシャルコンサート。

出演

海援隊

1971年に武田鉄矢・中牟田俊男・千葉和臣の3人で”海援隊”結成。
「母に捧げるバラード」で人気に。その後、武田は俳優業に進出し、主演ドラマ『3年B組金八先生』の主題歌「贈る言葉」がヒット。
現在は3人だけのフォークソングの原点とも言えるスタイルで全国市町村を歩き、人との触れ合いを重ねています。
年代を問わず誰もが一度は口ずさんだことがある海援隊の歌と、武田鉄矢の楽しく温かい絶妙なトークで展開するコンサート。
地元の合唱団や音楽家との共演でお届けします。海援隊公式HP http://www.takedatetsuya.com

ジミー岩崎(作曲・キーボード)

幼少よりエレクトーン・作編曲を始め、学生時代には吹奏楽部において管楽器全般、打楽器をこなす。
卒業と同時にプロとしての活動を始める。最近では今回の海援隊の他には、池田聡・サンプラザ中野くん・ダイヤモンドユカイ、マキタスポーツ等のライブ、コンサートをサポート。
幅広いジャンルのアーティスト、イベントへの楽曲制作・音楽監督も精力的に行なっている。
2017年、18年には自身のアルバム「Golden Blend」「大人のためのスペランカー」発表し好評を得る。http://k-iwasaki.com

スペシャルカルテット from Shiga

滋賀県に拠点をおき関西中心に活動する演奏家が集合。この3日間だけのスペシャルカルテット

小山陽子 Yoko Koyama(フルート)

滋賀県立石山高等学校音楽科を経て、同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻卒業。
同大学音楽学会《頌啓会》特別専修生修了。
フルートを井伊亮子、松山克子、市川智子、長山慶子、伊藤公一の各氏に師事。
日本フルートコンヴェンションコンクールにて第10回アンサンブル部門高校の部銀賞、第16回・第17回ピッコロ部門入選。
ソリストとして2014年、A.ヴィヴァルディのピッコロ協奏曲を湖笛の会と、2019年、W.A.モーツァルトのフルート協奏曲ト長調を京都バッハゾリステンと共演。
フルートオーケストラ「湖笛の会」、「びわこの風オーケストラ」、アンサンブル「trio Karinto」の各メンバー。豊郷病院附属准看護学院音楽科非常勤講師。(彦根市在住)

山根朋子 Tomoko Yamane(ヴァイオリン)

大阪音楽大学、同大学院修士課程修了。ヴァイオリを山川玲子、青山徹、東儀幸、北浦洋子、宗倫匡の各氏、室内楽をデュオハヤシの各氏に師事。
卒業後イギリスに留学。J.Rothstein、M.Marinkovicの各氏に師事し研鑽を積む。
室内楽、オーケストラを中心に活動中。
現在、大阪音楽大学委託演奏員、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団ヴァイオリン奏者。(草津市在住)

足木かよ Kayo Ashiki(ヴィオラ)

滋賀県立石山高校音楽科、愛知県立芸術大学を経て、同大学院音楽研究科博士前期課程修了。在学中には学内選抜者による定期演奏会や卒業演奏会、室内楽演奏会に出演。2004年~2006年かずさ弦楽セミナー、2005年ぎふ・リストマスタークラス、2007年アジアフィルハーモニックオーケストラアカデミー、2009年バイロイト国際青年芸術祭、Phoenix OSAQA2009、Project Q 第9章など様々なマスタークラスを受講。第12回滋賀県新人演奏会にて管弦打部門優秀賞を受賞。リュイールシャトンクァルテット、彦根エコーオーケストラメンバー。現在、オーケストラの客演、室内楽、ソロなど演奏活動をする傍ら、後進の指導にもあたっている。(彦根市在住)

松崎安里子 Ariko Matsuzaki(チェロ)

愛知県立芸術大学大学院修士課程修了。桑原賞(愛知県知事賞)、第18回民音コンクール(現東京国際音楽コンクール)室内楽部門で斉藤秀雄賞、読売音楽奨励賞、札幌市民芸術祭奨励賞、新進芸術家紹介コンサートのオーディションで最優秀賞、平和堂財団より芸術奨励賞受賞。
アンサンブル ソノリタスやトリオ シュパンツィヒのメンバーとして数多くの室内楽を、また、オーケストラと度々コンチェルトを行う。ソウル、北京、日本の国際電子音響音楽祭で新作初演。1995年〜1998年プラハにてM.ペトラーシュ氏に師事。
愛知県立芸術大学非常勤講師を経て現在滋賀県立石山高等学校音楽科非常勤講師。(大津市在住))

共演合唱団

11/20長浜公演:長浜市少年少女合唱団「輝らりキッズ」

長浜市少年少女合唱団「輝らりキッズ」は、今年創立から37年目を迎えました。
湖北地域の様々な学校・学年の児童、生徒が集い、楽しく仲良くのびのびと、合唱活動に取り組んでいます。
地域のイベントや演奏会に出演するほか、毎年12月には定期演奏会を開催し、合唱にダンスやお芝居を取り入れた音楽劇にも挑戦しています。

11/21甲賀公演:KAFUKA スペシャル合唱団(仮称)

「KAFUKA スペシャル合唱団」はこのコンサートに出演するために一般で集まった市民有志による「1回きり、今回限り」の合唱団です。
普段から合唱グループとして活動している人たちをメインに、このコロナ禍で、合唱の機会が失われてしまった皆さんが、今日のために集まり熱い想いを胸に歌い上げます。
どうぞご期待ください。

11/23彦根公演:いなえ少年少女合唱団

学校週休二日制がスタートした平成5年、子供たちの地域の受け皿として、また、歌を通してお互いの交流を深め、仲間の輪が広がる文化サークルとなるようにと設立。
主な活動は、市・県の合唱祭、文化祭、こどもセンターでのコンサート等。イベント出演など大きな舞台で歌う機会も増え、合唱曲の他ミュージカルナンバー、ポピュラー曲など、意欲的に元気に歌っています。

プレイガイド

全公演

  • 文化産業交流会館(オンライン)
  • ローソンチケット(Lコード:52064)

※6歳未満は入場できません。
※お申込みいただいたチケットのキャンセル・変更はできません。

長浜公演 ※完売いたしました。

  • 長浜文化芸術会館
  • 浅井文化ホール
  • アル・プラザ長浜

甲賀公演 ※完売いたしました。

  • あいこうか市民ホール
  • あいの土山文化ホール

彦根公演 ※完売いたしました。

  • みずほ文化センター
  • ひこね市文化プラザ

ご来場される方へのお願い

コロナウイルス感染拡大防止のため、以下についてご理解、ご協力をお願い申し上げます。

  • コロナウイルスの感染拡大状況によっては、公演を中止する場合があります。
  • ご入場に際しては、必ずマスクを着用し、三密の回避にご協力ください。
  • 手指の消毒用アルコールを設置していますので、ご利用ください。
  • 入口で検温を実施します。37.5℃以上の発熱がある場合は入場をお断りします。平熱であっても、咳、喉や関節の痛み、味覚・嗅覚に異常のある場合は雷管をお控えください。
  • 入場までに時間のかかることが予想されます。時間に余裕をもってお越しください。
  • 演奏者については、客席との間隔を充分にとりマスクを外して演奏いたします。ご理解・ご協力をお願いいたします。
  • 出演者への差し入れ、面会はお控えください。
  • 止むを得ず出演者・プログラムなどを変更する場合があります。
  • 感染防止対策等の理由により、一定の間隔をあけて座席の販売を行います。
    ※座席は指定席になります。座席番号をお確かめの上ご着席ください。
  • 万一ウイルス感染が発生した場合は、保健所等の公的機関に求められた場合に限り、チケット購入者の名簿を提供します。

チケット情報: 9月3日(金)10時 発売

料金: 一般 3,500円/25歳未満 2,000円(当日ともに500円増)

座席: 全席指定

入場制限: 6歳未満の方はご入場になれません。

主催: (公財)日本芸能実演家団体協議会、(公財)びわ湖芸術文化財団、株式会社ロハス長浜、甲賀市教育委員会、株式会社ケイミックスパブリックビジネス

共催: 長浜市・長浜市民芸術文化創造協議会(ただし長浜会場に限る)

後援: 長浜市教育委員会、彦根市、彦根市教育委員会、KBS京都、ユニバーサルミュージック、ASTURIAS CONCERT GUITARS ロッコーマン

企画

(公財)びわ湖芸術文化財団、ネクストワン、ウィスパーミュージック

制作

アオイスタジオ

協力

武田鉄矢ファンクラブ

お問い合せ先

長浜文化芸術会館:℡0749-63-7400(長浜公演について)/あいこうか市民ホール:℡0748-62-2626(甲賀公演について)/みずほ文化センター:℡0749-43-8111(彦根公演について)

文化産業交流会館 TEL 0749-52-5111 / FAX 0749-52-5119

インターネットからのお問い合せ

ページの先頭へ