メニューの終端です。
イベント

芝居小屋「長栄座」夏のフェスティバル2022

びわ湖ホール声楽アンサンブル「美しい日本の歌」米原公演 vol.2 | 滋賀県立文化産業交流会館

芝居小屋「長栄座」夏のフェスティバル

[イベントホール内特設舞台「長栄座」]

令和4年8月7日(日)14時開演(13時30分開場)
オンラインでチケット購入

日本の四季を鮮やかに浮かび上がらせる幼い頃に歌った童謡。
昭和や平成を彩った歌謡曲。
懐かしく、そしていつまでも心に響くうたを集めた「美しい日本の歌」をびわ湖ホール声楽アンサンブルが桂冠指揮者 本山秀毅と京都フィルハーモニー室内合奏団と共に奏でます。
米原公演では、かつて湖北にあった芝居小屋「長栄座」を再現したレトロな特設舞台で生のステージをお届けします。

プログラム

  • 琵琶湖周航の歌
  • 青い山脈
  • 日本の四季
    〈春〉荒城の月/〈夏〉夏の思い出/〈秋〉ちいさい秋みつけた/〈冬〉雪の降るまちを
  • 懐かしい歌謡曲
    翼をください/異邦人-シルクロードのテーマ-/昴/TRUELOVE/糸/2億4千万の瞳-エキゾチック ・ ジャパン-/魅せられて/大空と大地の中で/手紙~拝啓 十五の君へ~/世界に一つだけの花

ほか

出演

本山秀毅 Motoyama Hideki(指揮)

びわ湖ホール声楽アンサンブル桂冠指揮者。
京都市立芸術大学、フランクフルト音楽大学合唱指揮科卒業。帰国後はバッハの教会音楽を中心に演奏活動を続ける。京都バッハ合唱団、バッハアカデミー関西を設立。教会暦による作品の全曲演奏シリーズを続けている。合唱音楽全般の普及についても意欲的で、合唱指導法、指揮法などの講習会の講師、NHK学校音楽コンクール、全日本学校音楽コンクールをはじめとするコンクールの審査員などを務める。また関西における管弦楽つきの合唱作品の合唱指導、プロの声楽アンサンブルにおける指揮、バロック期の劇音楽作品の上演など活動は幅広い。京都市音楽新人賞、大阪文化祭賞、藤堂音楽褒賞、長井賞などを受賞。大阪音楽大学学長。びわ湖ホール声楽アンサンブル桂冠指揮者。京都バッハ合唱団主宰。

びわ湖ホール声楽アンサンブル BIWAKO HALL Vocal Ensemble

びわ湖ホール声楽アンサンブル

監修:沼尻竜典(びわ湖ホール芸術監督)
名誉指揮者:田中信昭/桂冠指揮者:本山秀毅/指揮者:大川修司

美しい日本の歌 メンバー

ソプラノ:熊谷綾乃 山岸裕梨 山田知加 脇阪法子
アルト:阿部奈緒 坂田日生 藤居知佳子 益田早織*
テノール:有本康人 奥本凱哉 竹内直紀* 谷口耕平 宮城朝陽
バス:市川敏雅 五島真澄* 平 欣史 美代開太
*…ソロ登録メンバー

全国から厳しいオーディションを経て選ばれた声楽家により構成される日本初の公共ホール専属声楽家集団。「声楽アンサンブル」とは、ドイツ語圏の歌劇場においてオペラのソリストを担う劇場専属歌手を意味する。ソリストとしての高水準の実力だけでなく、アンサンブル、合唱の中核となり得る優れた声楽アンサンブルとしても多方面から注目を集めている。びわ湖ホール独自の創造活動の核としてびわ湖ホール開館の年の1998年3月に設立。びわ湖ホール自主公演への出演を主な活動とし、オペラ公演や定期公演を行うほか、依頼を受けて全国各地でも多数の公演を行っている。また、滋賀県内の学校を対象とした公演を行うなど、音楽の普及活動にも積極的に取り組んでいる。現在までに在籍したメンバーは総勢60名を超え、活動期間を終了した後は「ソロ登録メンバー」として、びわ湖ホールの自主公演に出演するほか、国内外の数多くのコンサートやオペラに出演するなど幅広く活躍している。
2013年第26回大津市文化賞、2017年第42回滋賀県文化賞受賞。

京都フィルハーモニー室内合奏団(管弦楽)

京都フィルハーモニー室内合奏団

1972年に結成、本年創立50周年を迎えた室内オーケストラ。定期公演、特別公演、室内楽コンサート、子供のためのクラシック入門コンサート等を主催するとともに、各地のホール・教育委員会・鑑賞団体等の公演に多数出演している。
「クオリティは高く、ステージは楽しく」をポリシーに、クラシック音楽のほかに、様々なジャンルの音楽に取り組み、国内外の演奏家や指揮者と共演する一方、狂言、文楽人形、津軽三味線、尺八等の日本の伝統芸能とのコラボレーションや、俳優、タレント、落語家、漫才師等の異分野との共演も積極的におこなっており、他のオーケストラとは一線を画すユニークな企画を次々と発表し “挑戦する室内オーケストラ” との定評がある。創立以来、活動の柱としている学校音楽観賞会では、延べ2900校、170万人以上の子どもたち音楽を届け続けるなど、積極的に聴衆の育成拡大に力を注いでいる。2000年に特定非営利活動法人(NPO)となっている。日本オーケストラ連盟準会員。平成2年度 藤堂音楽賞受賞。平成14年度 京都新聞大賞文化学術賞受賞。2014年4月から音楽監督に齊藤一郎を迎える2020年4月よりミュージックパートナーに柳澤寿男氏を迎える。

チケット情報 6月18日(土)10時発売(電話受付:13時~)

料金(全席指定/税込)

  • 一般 2,500円
  • 青少年(25歳未満)1,000円

チケット取り扱い

  • 滋賀県立文化産業交流会館(窓口・オンライン)
    TEL:0749-52-5111
    (平日8:30~19:00、土日祝8:30~17:00/月曜日休館・祝日の場合は翌日)
    オンラインでチケット購入
    ※座席選択可(オンラインはパソコンのみ選択可)
  • びわ湖ホールチケットセンター(現金・窓口のみ)
  • ローソンチケット(Lコード:56630)
  • イープラス
  • 楽天チケット

びわ湖ホール公演

12月3日(土)14時開演
滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール

料金【税込/全席指定】

一般 2,500円
青少年(25歳未満)1,000円
シアターメイツ 500円

チケット発売日

9月11日(日)

芝居小屋「長栄座」夏のフェスティバル2022

明治時代に湖北・長浜に創建された芝居小屋「長栄座」を、文化産業交流会館のイベントホール内に期間限定で再現!
芝居小屋で行う古典芸能やコラボレーション公演、びわ湖ホール声楽アンサンブルによる公演など、夏を盛り上げる多彩なラインナップをお贈りいたします。

長栄座特設ページ
※フェスティバルの詳細は、芝居小屋「長栄座」特設ページをご覧ください。

浴衣特典

情緒あふれる「長栄座」の舞台を、夏の風物詩である浴衣でお楽しみください。
フェスティバル期間中の有料公演へ浴衣でご来場いただいた方には、記念品をプレゼント!

主催: 滋賀県立文化産業交流会館

後援: 滋賀県教育委員会 、 彦根市 、 長浜市 、 米原市 、 彦根市教育委員会 、 長浜市教育委員会、 米原市教育委員会 、びわ湖放送株式会社、朝日新聞大津総局、読売新聞大津支局、京都新聞、産経新聞社、中日新聞社、日本経済新聞社大津支局、毎日新聞大津支局、北國新聞社、(公財)金沢芸術創造財団

協賛: 谷口工務店

お問い合せ先

文化産業交流会館 TEL 0749-52-5111 / FAX 0749-52-5119

インターネットからのお問い合せ

ページの先頭へ