メニューの終端です。
イベント

《共催・制作》平和堂財団芸術奨励賞受賞者によるミュージアム・コンサート 西岡まり子×深田瑞穂(パーカッション)[主催:(公財)平和堂財団] | 滋賀県立文化産業交流会館

 

[滋賀県立美術館エントランスロビー]

10月10日(月・祝)①11時~ ②14時~ ※2回公演

平和堂財団芸術奨励賞(美術部門)受賞者による新進芸術家美術展(大津会場)[会期:10月4日(火)~10日(月・祝)]の最終日に、同賞(音楽部門)受賞の西岡まり子と深田瑞穂によるパーカッションコンサートを開催!
滋賀県立美術館の企画展「石と植物」[会期:9月23日(金・祝)~11月20日(日)]にちなみ、サヌカイト(讃岐岩朽木石)など、様々な素材で音楽を創り上げます。

曲目

  • ジョン・ケージ/ドリーム
  • ジェラール・グリゼー/石碑

ほか

出演

西岡まり子(打楽器)Mariko Nishioka [2009年度平和堂財団芸術奨励賞(音楽部門)受賞]

西岡まり子同志社女子大学、フライブルク音楽大学、バーゼル音楽大学院卒業。平成18年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員。
第56回ミュンヘンARD国際音楽コンクール打楽器部門ファイナリスト及び特別賞。バイエルン放送交響楽団と打楽器協奏曲を共演。第44回ダルムシュタット国際現代音楽祭、第1回日本ジュニア管打楽器コンクール第1位、第25回日本管打楽器コンクール等入賞。平成21年度平和堂財団新進芸術家奨励賞。ソロ・アンサンブル・オーケストラ・オペラ・収録等に参加する他、CosmoProjektとして多彩なコラボレーションを主宰。 近年では小曽根真・児玉桃・大場章裕各氏とのバルトークアンサンブルツアー、サントリーホールサマーフェスティバル2020に於いて読売日本交響楽団とマリンバ協奏曲を新作初演し、好評を博した。昨年よりサクソフォン・打楽器によるDuo Märzを結成。委嘱新作初演や日本初演作品演奏、動画配信など意欲的な活動を行なっている。

http://www.mariko-nishioka.com(外部リンク)

深田瑞穂(打楽器)Mizuho Fukada [2020年度平和堂財団芸術奨励賞(音楽部門)受賞]

深田瑞穂大津市出身。滋賀県立膳所高等学校を経て、同志社女子大学にてマリンバ・打楽器を学ぶ。同大学音楽専攻科を首席修了し、音楽専攻科修了演奏会に出演。第18回KOBE国際音楽コンクール打楽器B部門奨励賞受賞。第16回大阪国際音楽コンクール民族楽器部門入選。第16回滋賀県新人演奏会にて最優秀賞を受賞し、メモリアルリサイタルに出演。これまでに中路友恵、中谷満、宮本妥子の各氏に師事。現在、関西を中心とした学校公演に多数出演する他、滋賀県内の子どもたちにアウトリーチやワークショップ活動を行う。

料金

入場料無料(事前申込不要)

会場

滋賀県立美術館エントランスロビー
(JR瀬田駅よりバス約10分、「県立図書館・美術館前」または「文化ゾーン前」下車)

同時開催中!

第28回平和堂財団芸術奨励賞受賞者による新進芸術家美術展

大津会場

【会場】
滋賀県立美術館ギャラリー

【会期】
2022年10月4日(火)~10月10日(月・祝)
9時30分~17時(最終日は16時まで)

彦根会場

【会場】
ビバシティ彦根2階 ビバシティホール

【会期】
2022年10月15日(土)~10月23日(日)
10時~20時(最終日は17時まで)

出展

2021年度芸術奨励賞(美術部門)受賞者

  • 井上裕加里(彫刻・現代美術)
  • 葛本康彰(彫刻・現代美術)
  • 竹村花菜(日本画)
  • 山本麻衣子(洋画)

主催:

共催: (公財) びわ湖芸術文化財団 滋賀県立文化産業交流会館、滋賀県立美術館

協力:株式会社しがぎん経済文化センター

お問い合せ先

文化産業交流会館 TEL 0749-52-5111 / FAX 0749-52-5119

インターネットからのお問い合せ

ページの先頭へ