メニューの終端です。
イベント

アートマネジメント人材養成講座

地域の文化資源の劇場への活かし方~竹生島を題材に~第1回「芸能とは何か ~古典芸能の楽しみ方~」 | 滋賀県立文化産業交流会館

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

 

[第1会議室(2F)]

令和5年2月23日(木・祝)14時~16時(13時30分受付)

小林昌廣先生を講師に迎え、3回シリーズで行う「アートマネジメント人材養成講座」が始まります。
様々なジャンルの演目としても取り上げられている「竹生島」を題材に、身近な地域の文化資源を劇場に取り入れ、活かす方法を様々な角度から探ります。
第1回のテーマは、「芸能とは何か」。そもそも芸能とは?を皮切りに、小林昌廣先生の博識なトークで古典芸能の楽しみ方を伝授します。
劇場の職員、コーディネーター、また芸能やアートに関心のある方、「竹生島」をもっと知りたい方などにおすすめです。

講師

小林昌廣(こばやしまさひろ)

IAMAS(情報科学芸術大学院大学)教授。1959年東京生まれ。医学と哲学と芸術を三つの頂点とする三角形の中心に「身体」をすえて、独特の身体論を展開。医学史・医療人類学から見た身体、古典芸能(歌舞伎、文楽、能楽、落語)から見た身体、そして現代思想とくに表象文化論から見た身体などについて横断的に考察している。各地で歌舞伎や落語に関する市民講座や公開講座などを行なっている。黒猫と暮らす。

講師からのメッセージ

湖北の芸能、さらには琵琶湖を舞台にした「竹生島」へと講座は展開されるが、その前に、そもそも「芸能とは何か」「文化とは何か」といった問題へと潜航し、わが国における芸能の起源に遡り、現在の諸芸能へと継承されてゆくありさまを、折口信夫や渡辺保といった先学を通して活写してみたい。こうして古典芸能について「考えること」が「楽しむこと」に直結するであろうことを体験していただきたい。

申込

入場料

無料(要事前申し込み)

定員

30名

申込締切

2月22日(水)まで

申込方法

いずれかでお申し込みください。

  1. 下記申込フォームにて
  2. チラシ裏面にご記入いただき、FAX(0749-52-5119)にて
  3. 電話(0749-52-5111)にて

※お申込に際してご提供いただいた個人情報は、公益財団法人びわ湖芸術文化財団の個人情報保護規程により管理いたします。

申込フォーム

    • 氏名(必須)

    • 氏名(ふりがな)(必須)

    • 郵便番号

    • 住所

    • 電話番号(必須)

    • FAX

    • メールアドレス(必須)

    • メールアドレス(必須) ※確認のためもう一度入力してください。

    • 所属 ※文化施設、文化団体等

    • 備考 ※第2回以降も希望される方は、該当する回をチェックしてください。(複数選択可)



    アートマネジメント人材養成講座 地域の文化資源の劇場への活かし方~竹生島を題材に~

    第1回「芸能とは何か ~古典芸能の楽しみ方~」

    日時

    2月23日(木・祝)14:00~16:00

    講師

    小林昌廣

    会場

    第1会議室

    第2回「滋賀の歴史遺産と芸能 ~芸能史から見た滋賀~」

    日時

    5月21日(日)14:00~

    講師

    小林昌廣

    ゲスト

    坂口泰章(長浜城歴史博物館学芸員)

    会場

    第1会議室

    第3回「芸能における『竹生島』 ~『竹生島』を演じる~」

    日時

    7月2日(日)14:00~

    講師

    小林昌廣

    ゲスト

    田茂井廣道(観世流能楽師シテ方)

    会場

    練習室1

    主催: 滋賀県立文化産業交流会館

    助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会

    お問い合せ先

    文化産業交流会館 TEL 0749-52-5111 / FAX 0749-52-5119

    インターネットからのお問い合せ

    ページの先頭へ