メニューの終端です。
募集情報

滋賀のアウトリーチ事業

2019-2020年度「アートのじかん」アーティスト募集

滋賀県次世代創造発信事業

「アートのじかん」とは

アーティスト募集について

>> 募集要項.pdf(792KB)

募集趣旨

当事業の実施にあたり、事業趣旨に賛同する新進アーティストを募集します。

活動内容

滋賀県内の小中学校、特別支援学校でのお話付きの演奏

  • 期間 2021年3月31日まで(2019、20年度中の2年間)

募集対象

  • アウトリーチに興味があり、音楽の普及に強い使命感を持っている方。
  • 大学等で専門課程の教育を受け、演奏活動を行っているアーティスト。
  • 募集部門:弦楽器、管・打楽器、ピアノ、伝統楽器(箏、尺八など)
    その他、アコースティックなものに限ります。ソロ、アンサンブル(ただし、5人以内の編成)問いません。
  • メンバー全員(ソロの場合は伴奏者含む)が、オーディション、研修会、公開プレゼンテーションに参加できること。
  • 原則的に、実施校へは自力で行き、自分で持ち運びができる楽器の演奏者(ピアノ等を除く)であること。
  • 年齢が50歳以下(2019年4月1日現在)であること。

選考要領

書類とオーディション(実演、面接)の審査により決定します。

1. 書類について

応募書類を郵送または持参してください。応募締切 平成30年3月9日(金)17:00必着

  1. 2019年度「アートのじかん」オーディション参加申込書
  2. >> 申込書.pdf(324KB)
    >> 申込書.xlsx(22KB)

  3. 写真
  4. メンバー全員がそろって写っている写真を添付してください。(サイズ指定なし)

  5. 進行表(様式自由)
  6. オーディションの際に、実演の進行状況がわかるものを作成してください。
    ※送付書類は返却できませんので、あらかじめご了承願います。

2. オーディションについて

アウトリーチの実演を想定し、30分程度のトークを交えた演奏(数曲)

  • 日程:2019年4月3日(水)・4日(木)
  • 会場:滋賀県立文化産業交流会館

※上記2日間のどちらかを希望できます。ただし、時間は主催者より指定します。
※参加料は無料です。ただし、会場までの旅費(交通費・宿泊費)、駐車場使用料、食費、共演者への謝礼、楽器運搬費等その他 一切に関する経費は参加者負担とします。

3. 面接について

実演終了後に、審査員から質疑応答があります(10分程度)

  • 選考基準
  • 合格者:3名(組)程度
    事業趣旨に鑑み、音楽的・技術的な能力のほかに、意欲を考慮します。
    多様な児童・生徒に対してアプローチできるプログラムを組めること。
    初めて生の音楽を聴く子どもに対して、音楽のすばらしさを伝える意思とアイデアがあること。
    ※合否については、応募者本人(代表者)に直接お知らせします。
    審査についての詳細にはお答えできませんので、あらかじめご了承願います。

  • 審査員
  • 花田 和加子
    ヴァイオリニスト、(一財)地域創造 音楽活性化事業コーディネーター、(一社)アンサンブル・ノマド理事兼マネージャー、桐朋学園芸術短期大学非常勤講師

    山本 若子
    有限会社N.A.T 取締役、(一財)地域創造 音楽活性化事業コーディネーター

合格者のスケジュール

アーティスト研修

1. 研修(予定)

  • 第1日目
  • アウトリーチの真髄を知る 外部参加可能
    ※参加には事前申込(無料)が必要です。

    全国のアウトリーチで活躍するアーティストのアウトリーチへの捉え方と表現方法を、みなさんとともに考えます。

    (1) 模擬アウトリーチ体験
    出演:吉澤 延隆(箏・十七絃箏)
    日時:5月15日(水)14時15分開演(15時終演)

    (2) ディスカッション「アウトリーチとは?(仮称)」
    出演:吉澤 延隆、花田 和加子、山本 若子
    日時:5月15日(水)15時30分~17時

    (3) 「アートのじかん」アーティストと本日の出演者の交流会
    日時:5月15日(水)18時~ 米原駅周辺

  • 第2日目
  • 「アートのじかん」アーティストによる模擬アウトリーチ体験 非公開

    「アートのじかん」のアーティストのランスルーを体験いただきます。
    出演(予定):ゆらぎ、若井 亜妃子
    日時:5月16日(木)10時~17時

  • 第3日目
  • プログラムを検討する 非公開

    45分間のプログラム案を口頭で説明(演奏なしで10分程度)します。ほかのグループの内容も一緒に考えます。
    日時:5月30日(木)10時~17時

  • 第4日目
  • ランスルー 非公開

    プログラムを演奏付きで披露します。ほかのグループの実演は、児童・生徒役として体験します(その間準備はできません)。
    日時:6月6日(木)10時~17時
    ※楽器搬入・音出しは8:30から可能です。

  • 第5日目
  • 公開プレゼンテーション(プログラム見学会) 一般公開
    ※見学には事前申込(無料)が必要です。

    実施を検討される学校の先生に向けて、1グループ30分にまとめたプログラムを披露します。
    アウトリーチに興味ある公立文化施設関係者やアーティスト等の聴講が可能です。
    日時:7月4日(木)14時開演
    ※楽器搬入・音出しは8:30から可能です。

    ※上記日程期間内に、クリニック等をおこなう場合もあります(研修期間中に決定します)。
    ※公開プレゼンテーションのあと、学校現場にて「トライアル」を実施する場合があります。

2. モデル授業見学

学校での実施期間(10月~2月)中、アウトリーチ経験が豊富なモデルアーティストの授業を見学していただきます。

学校でのアウトリーチ

7月~9月に実施を希望される学校とアーティストのスケジュールを(10月から2月の間)調整します。
実施校:滋賀県内の小中学校、特別支援学校等からの公募により決定します。
公演:1回45分(1校につき2公演まで)

※スケジュール決定後に、天候不順やインフルエンザによる学級閉鎖等でやむなく実施が変更・ 延期・中止になることがあります。
※学校への下見・打合せはコーディネーター(職員)がおこない、実施当日に同行します。

出演料等について

公開プレゼンテーション、学校等での公演には、メンバー各自に一定額の出演料と旅費規程に基づいた交通費 (上限10,000円)を支給します。
宿泊が必要な場合には規程により別途支給します。
詳しくはお電話等でおたずねください。

その他

期間が終了しても活動を希望する場合は、所定の研修への受講により、「アートのじかん」にて継続することができます。

アートのじかんアーティスト

  • マリンバ/打楽器、クラリネット バウム(浅川 いずみ、伊藤 咲代子)
  • 箏、尺八 ゆらぎ(伊藤 志野、岩本 みち子)
  • ピアノ 若井 亜妃子
  • マリンバ/打楽器 打楽器アンサンブルCiao☆(中井 萌、大塚 真帆)
  • マリンバ/打楽器 “pecora”(竹内 唯、工藤 沙ゆり、服部 杏子)

主催: 滋賀県立文化産業交流会館

共催: 滋賀県教育委員会(予定)

企画・制作

滋賀県立文化産業交流会館

お問い合せ先

文化産業交流会館 TEL 0749-52-5111 / FAX 0749-52-5119

インターネットからのお問い合せ

ページの先頭へ