メニューの終端です。

動画配信

動画配信にあたって

滋賀県立文化産業交流会館では、湖国・滋賀にゆかりのある演奏家が国内外で活躍されるよう、また芸術文化を通して私たちの心が豊かになることを願って、「びわ湖アンサンブルフォレスト」と銘打ち、室内楽を中心としたコンサートを始めました。
現在、コロナ禍のためソーシャルディスタンス仕様の客席数で開催しておりますので、アーティストの承諾を得たうえで公演の様子を録画し、動画でもお楽しみいただけるようにいたしました。
ぜひご覧くださいませ。

 
JASRAC許諾第J200728249号

びわ湖アンサンブルフォレスト2020 室内楽Update1

第6回目の配信は、2020年12月5日(土)に開催した、びわ湖アンサンブルフォレスト2020 室内楽Update1の収録映像です。
出演は、「Lumièreリュミエール」の内田友咲さん(ピアノ)、石田優志さん(ヴァイオリン)、森田真梨恵さん(ヴァイオリン)、「おばんざい」の藤井夢音さん(ピアノ)、寺井優花さん(サクソフォン)、「聖徳’s」の夏目広大さん(ピアノ)、今井俊孝さん(ピアノ)です。
※著作権の関係上、途中2曲(モーツァルト(ファジル・サイ編曲)「トルコ行進曲」、Les Frères編曲「Club IKSPIARI」)をカットしております。ご了承ください。
※Lumièreのアンコール曲は、大島ミチル(山口景子編曲)「風笛~あすかのテーマ~」です。

プログラム

出演者プロフィール

Lumièreリュミエール

内田友咲(ピアノ)
ヨーロッパ国際ピアノコンクールin Japan 全国大会 第1回、第6回、第10回金賞。第20回「万里の長城杯」国際音楽コンクール第2位及び優秀伴奏者賞。
現在、大阪音楽大学ピアノ演奏家特別コース4年に在学。岡原慎也、芹澤佳司の各氏に師事。

石田優志(ヴァイオリン)
大阪府立夕陽丘高等学校音楽科卒業。現在、大阪音楽大学音楽学部弦楽器専攻ヴァイオリン演奏家特別コース4年に在学中。
これまでヴァイオリンを西田美音子、井上隆平、松田淳一、日比浩一の各氏に師事。

森田真梨恵(ヴァイオリン)
3歳より、ヴァイオリンを始める。第22回 「万里の長城杯」 国際音楽コンクール一般の部1位なしの第2位。現在、大阪音楽大学ヴァイオリン演奏家特別コース4年在学。
これまでにヴァイオリンを田村知恵子、谷本華子、木田雅子の各氏に師事。


【おばんざい】

藤井夢音(ピアノ)
大阪府豊中市出身。京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻首席卒業、併せて京都市長賞、京都音楽協会賞受賞。滋賀県次世代文化芸術推進事業「アートのじかん」にてアウトリーチ活動を行う。現在、同大学大学院音楽研究科修士課程2回生。

寺井優花(サクソフォン)
香川県高松市出身。京都市立芸術大学管打楽専攻を卒業。卒業時に京都音楽協会賞を受賞。滋賀県次世代文化芸術推進事業「アートのじかん」にてアウトリーチ活動を行う。現在、同大学大学院音楽研究科修士課程2回生。


【聖徳’s】

夏目広大(ピアノ)
4歳よりピアノを始め、今日に至るまでにソロや連弾の演奏活動を行う。レ・フレール斎藤圭土氏にブギ・ウギ・ピアノを師事。

今井俊孝(ピアノ)
ピアノは趣味で、弾きたい時に自由に楽しく弾いている。大学で、連弾の楽しさに目覚めた。憧れのピアニストは まらしぃ。

※動画が再生されない場合は、こちらよりご視聴ください(別ウインドウが開きます)。

アンケートフォーム

びわ湖アンサンブルフォレスト2020 File3「湖へ誘う音の対話」

第5回目の配信は、2020年11月7日(土)に開催した、びわ湖アンサンブルフォレスト2020 File3「湖へ誘う音の対話」の収録映像です。
出演は、平和堂財団芸術奨励賞を最年少受賞した石山高等学校音楽科3年の横井茂虎さん(フルート)と、彼の師 若林かをりさん(フルート)、びわ湖国際フルートコンクールにおいて4度最優秀協演賞を受賞するなどアンサンブル・ピアニストとしても評価が高い、與口理恵さん(ピアノ)です。

プログラム

出演者プロフィール

横井茂虎(フルート)SHIGETORA YOKOI
14歳よりフルートを師事。
第71回全日本学生音楽コンクール中学の部フルート部門大阪大会第1位、全国大会第1位、聴衆賞である横浜市民賞並びにかんぽ生命奨励賞、第24回びわ湖国際フルートコンクールジュニア部門第2位、朝日新聞社賞並びに京都新聞社賞、他多数受賞。
第19回日本フルートコンヴェンションin福岡 ソロ部門においてセミファイナル出場。
2018年日本フルートフェスティバルin滋賀にて演奏されたG.ビゼー/「アルルの女」よりメヌエットフルートオーケストラ版のソロフルートを担当。
2019年ドルチェ楽器の協賛でフルートデュオリサイタルを開催。満場御礼で終演する。
平成31年度平和堂財団芸術奨励賞を最年少受賞。
これまでにフルートを松山克子、若林かをり、神田寛明、竹林秀憲、瀬尾和紀、知久翔、Mario Notaristefano 、Mario Caroliに師事。
現在滋賀県立石山高等学校音楽科3年在籍。

若林かをり(フルート)Kaori Wakabayashi
滋賀県立石山高等学校音楽科を経て東京藝術大学音楽学部 卒業。ストラスブール音楽院、スヴィッツェラ・イタリアーナ音楽院を修了。修了論文は『日本文化…時間と空間の総括概念である“間”が、ヨーロッパの現代音楽にもたらした影響について』。
平成18年度 平和堂財団芸術奨励賞、平成27年度 滋賀県文化奨励賞、平成29年度 文化庁芸術祭賞 新人賞。アンサンブル九条山メンバーとして、令和元年度 音楽クリティック・クラブ賞奨励賞、令和元年度 大阪文化祭奨励賞を受賞。2017年文化庁新進芸術家海外研修員。
ローム ミュージック ファンデーション奨学生。平和堂財団海外留学助成を獲得。
ナミ・レコードよりCD 「玉響*ぴあにッシモ〜若林千春作品集〜」、Pourquoiレーベルより「MY FAVORITE SONGS〜安田芙充央編作集〜」が好評発売中。
本年11月15日と22日に放送予定の、NHK-FM「現代の音楽」にゲスト出演。
沖縄県立芸術大学音楽学部助教を経て、現在、和歌山大学教育学部非常勤講師。

與口理恵(ピアノ)Lie Yoguchi
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、同大学音楽学部器楽科を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程修了。
第63回日本音楽コンクールピアノ部門入選。大学院修了演奏優秀者としてベーゼンドルファージョイントリサイタルⅩⅠに出演。
アンサンブル・ピアニストとしても評価が高く、びわ湖国際フルートコンクールにおいて4度最優秀協演賞を受賞。神戸国際フルートコンクール等での公式伴奏者、東京藝術大学の伴奏助手を務めるほか、2007年第76回日本音楽コンクール(フルート部門)でコンクール委員会特別賞を受賞。
これまでにピアノを中島純子、江口文子、新井精、高良芳枝、二宮裕子、田辺緑、故 ハリーナ=ツェルニー・ステファンスカ、クラウス・シルデの各氏に、室内楽を岡山潔氏に師事。
現在、昭和音楽大学、同大学短期大学部、同大学大学院非常勤講師。
 

※動画が再生されない場合は、こちらよりご視聴ください(別ウインドウが開きます)。

アンケートフォーム

【ネット配信】びわ湖アンサンブルフォレスト2020 マリンバコンサート

第4回目の配信は、マリンバ・打楽器奏者 浅川いずみ、中村めぐみによるマリンバの演奏です。
お二人は、びわ湖アンサンブルフォレスト2020 File4「湖鼓に彩る打楽器の煌めき」(12/26)に出演予定のアーティストです。

プログラム

出演者プロフィール

浅川いずみ Izumi Asakawa
滋賀県立石山高等学校音楽科を経て、同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻打楽器コース卒業。同大学音楽学会≪頌啓会≫特別専修課程修了。平成23年度平和堂財団芸術奨励賞受賞。ハーモニー・ミュージック・スタジオ講師。滋賀県立文化産業交流会館主催「アートのじかん」登録アーティスト。第31回大津市文化奨励賞受賞。現在、フリーランスのマリンバ・打楽器奏者として演奏活動を行っている。

 

中村めぐみ Megumi Nakamura
打楽器奏者。同志社女子大学学芸学部音楽学科演奏専攻打楽器コースを経て、同大学音楽学会《頌啓会》特別専修課程修了。これまで2度のソロリサイタルを開催し、好評を博す。平成24年度平和堂財団芸術奨励賞(音楽部門)受賞。
子供向けのコンサートから現代曲まで幅広い演奏活動のほか、保育園での音楽指導や吹奏楽の指導にも力を注いでいる。さきらジュニアオーケストラ・アカデミー、ハーモニー・ミュージック・スタジオ各講師。

 

※動画が再生されない場合は、こちらよりご視聴ください(別ウインドウが開きます)。

アンケートフォーム

びわ湖アンサンブルフォレスト2020 File2「琵琶にまつわる怪しい(不思議な)はなし」

第3回目の配信は、2020年8月22日(土)に開催した、びわ湖アンサンブルフォレスト2020 File2「琵琶にまつわる怪しい(不思議な)はなし」の収録映像です。
出演は、草津市出身の薩摩琵琶奏者 川嶋信子さんと長浜市(旧びわ町)出身の民謡歌手 塚田陵子さんです。
楽器の琵琶にカタチが似ているから“琵琶湖”と名付けられたと言われるなど、滋賀にゆかりの深い琵琶の演奏と語りをお楽しみください。
 
プログラム

出演者プロフィール

川嶋信子(かわしまのぶこ)/薩摩琵琶

草津市出身。桐朋学園大学短期大学部芸術学科卒業。
役者として活躍した後、薩摩琵琶を鶴田流/岩佐鶴丈に師事。
平家ゆかりの地など各所で琵琶の魅力を伝えながら、無声映画に楽師としての参加や琵琶2人のユニット「谷中琵琶Style」や琵琶と講談の会「bi-dan」を自ら企画。
また、琵琶の語りの重要性を説くため「創作語りシリーズ」を開始。
寺山修司やシェイクスピア、芥川龍之介をテーマに作品を発表している。
1日体験教室「まなびわ」を毎月開講中。NHK邦楽オーディション合格。
NHK・FM「邦楽のひととき」出演。琵琶楽コンクール第二位入賞。

塚田陵子(つかだりょうこ)/民謡歌手

長浜市(旧びわ町)出身。京都外国語大学卒業。筝曲正派生田流師範。
2016年淡海節全国大会3位、2015年津軽三味線・津軽民謡全国大会日本の真ん中フェスティバルinびわ湖「五大民謡の部」準優勝、その他、菅笠節全国大会、鈴鹿馬子唄全国大会など入賞多数。
これまでにBS-TBS「関口宏ニッポン風土記~滋賀編」、テレビ東京「ニッポンへ行きたい人応援団」、関西テレビ「よ~いドン~隣の人間国宝さん」に出演。

※動画が再生されない場合は、こちらよりご視聴ください(別ウインドウが開きます)。

アンケートフォーム

びわ湖アンサンブルフォレスト2020 File1「室内楽への誘い」

第2回目の配信は、2020年8月2日(日)に開催した、びわ湖アンサンブルフォレスト2020 File1「室内楽への誘い」の収録映像です。
出演は、滋賀県出身のヴァイオリニスト岩﨑弓乃さんと東京藝術大学在学中のチェリスト岩﨑弓夏さん姉妹と、ピアニストの千葉遥一郎さんです。

※著作権の関係上、冒頭2曲(クライスラー「シンコペーション」「ウィーン風小行進曲」)をカットしております。ご了承ください。

プログラム

出演者プロフィール

岩﨑弓乃(いわさきゆみの)/ヴァイオリン

滋賀県大津市出身。4歳よりヴァイオリンを始める。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。
第13回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第1位、併せて大阪府知事賞受賞。2016年度滋賀県芸術文化祭奨励賞受賞。2019年度平和堂財団音楽部門芸術奨励賞受賞。
ピアノ三重奏ko-Trio として、数々の演奏会に出演。
びわ湖ミュージックハーベスト室内楽セミナーを受講。
これまでに樋口育世、若林暢、玉井菜採の各氏に師事。

岩﨑弓夏(いわさきゆみか)/チェロ

第13回大阪国際音楽コンクールアンサンブル部門第1位、併せて大阪府知事賞受賞。第14回泉の森ジュニアチェロコンクール中学生の部金賞。チェリスト= コンポーザーコンクール中高生の部金賞、及びカサド賞。第70回全日本学生音楽コンクール高校の部全国大会第2位。第86回日本音楽コンクール入選。
ko-Trio(ピアノ三重奏)として、ラ・フォル・ジュルネびわ湖キオスク公演、スタインウェイ関西ガラ・コンサート等に出演。
これまでに、チェロを雨田一孝、鈴木秀美、山崎伸子、河野文昭各氏に、室内楽を若林暢氏に師事。
現在、東京藝術大学音楽学部2 年に在学。

千葉遥一郎(ちばよういちろう)/ピアノ

1997年東京都出身。
第85回 日本音楽コンクール 第2位 岩谷賞( 聴衆賞) 受賞。第19回 フッペル鳥栖ピアノ・コンクール 第2位受賞。
東京藝術大学卒業。
学内にてアリアドネ・ムジカ賞、卒業時に安宅賞、三菱地所賞、藝大クラヴィーア賞、アカンサス音楽賞受賞。
また公益財団法人ローム ミュージック ファンデーション、同青山音楽財団、伊達メモリアル基金より奨学金を受ける。
東京シティフィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニアと共演するほか、ソロや室内楽で活動。
これまで秋庭津代子、大滝恵、植田克己各氏に、現在、江口玲氏に師事。

※動画が再生されない場合は、こちらよりご視聴ください(別ウインドウが開きます)。

アンケートフォーム

【ネット配信】びわ湖アンサンブルフォレスト2020 ピアノとサックスによるデュオコンサート

第1回目の配信は、ピアノとサックスのデュオグループ「おばんざい」によるコンサート。
「おばんざい」は、文化産業交流会館主催の県内小・中学校、特別支援学校へアーティストが出向き音楽を届ける「アートのじかん」の登録メンバーであり、今年度初企画の「びわ湖アンサンブルフォレスト2020」にも出演予定(12/5)のアーティストです。

プログラム

出演者プロフィール

藤井夢音(ふじいゆめね)/ピアノ

大阪府立夕陽丘高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻主席卒業、併せて京都市長賞、京都音楽協会賞受賞。ヤマハ・ガラ・コンサート2010にて広上淳一氏指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。第4回刈谷国際音楽コンクール一般の部準グランプリ。(最高位)2019年、ヤマハピアノ演奏グレード2級取得。大学内選抜により、同大学卒業演奏会、関西新人演奏会に出演。またソロ・室内楽問わず幅広く積極的に演奏活動を行う。これまでに、ピアノを寺西直子、井上聡美、クラウディオ・ソアレス、服部久美子、三船優子、田村響各氏に師事。現在、同大学院音楽研究科修士課程2年在籍。平成30年度公益法人青山音楽財団奨学生。

寺井優花(てらいゆうか)/サクソフォン

香川県出身。京都市立芸術大学管・打楽専攻を卒業し、卒業時に京都音楽協会賞を受賞。香川県ジュニア音楽コンクール第29,30回木管部門金賞受賞。第8回横浜国際コンクールサクソフォン部門第2位。第18回サクソフォン協会ジュニアコンクール入賞。これまでにサクソフォンを白井奈緒美、大城正司、天造智子、國末貞仁、須川展也、本堂誠の各氏に師事。現在、同大学院音楽研究科修士課程2回生。

※動画が再生されない場合は、こちらよりご視聴ください(別ウインドウが開きます)。

アンケートフォーム

ページの先頭へ